読書

【読書】日本再興戦略を読むと将来が楽しみになる件

ここ最近プログラミングの勉強ばかりやっていましたが、GW東京から福島へ帰省したことで少し気が緩み久しぶりに読書することに!

本屋行く度にずっと気になってた落合陽一の本を迷わず買って読んでみました!

 

ハッキリ言って、『日本人全員読め!!』って思うほど面白かったです!

 

落合陽一って何者?

そもそも落合陽一って一体何者なのか、本を買った私ですらよく分かっていなかったのですが(笑)、公式サイトをみてみると…

 

うん、これを見ても分かりづらい。

本に書かれている内容は…

国立大学法人で教育に携わって、自分の企業を経営して、アーティストとして芸術作品を生み出し、国際会議や論文誌で研究を発表し、プロダクト作りに関わるテクノロジーとデザインに詳しい人間

だそうです。
要は教育者&経営者&アーティスト&研究者&知識人といったところでしょうか。

ホリエモンみたいに色々やってて、何をやってる人かっていうのを一言で表すのはもはや不可ですね。

 

落合陽一の主張

『日本の少子高齢化は、日本の産業成長のビックチャンス!!』

本では当然色んな主張を述べてますが、私が一番ハッとさせられたのがこの主張です!

AIなどのテクノロジーにより人の仕事がロボットなどに取って代わられると叫ばれてますが、働き手が少なくなる日本にとって、他の国よりもロボット文化を受け入れやすいというメリットがあります!

日本が高齢社会×ロボットの成功国となれば、今後高齢化が見込まれる中国などに日本の企業は数多く進出出来るだろうと推測されております!

正直、落合陽一ってまだ30歳の若造だし日本の政治や未来をディスりまくる本だと思って読み始めましたが、ポジティブな内容も多く日本のテクノロジーや企業が成長する過程を見るのが楽しみになりました!

 

その他で言うと、現在モバイル通信の主流である4Gが5Gに変わることにより、空間伝送が可能になると言われておりそこも非常に面白かったです。

遠隔手術や3G空間でのスカイプ会議などが出来るようになり、日本は通信インフラの面ではアメリカよりも進んでいるそうです!

この5Gは今年から東京で利用出来るようになり、5G先進国の立ち位置です!
ここの分野も、うまく行けば日本企業が海外進出出来る大チャンスですね!

 

感想

○日本の将来が不安な人
○ネガティブ思考な人
○これからどんなIT技術が主流になるのか知りたい人
○モチベーション上げたい人

上記に当てはまる人は読んで損はしないはずです!!

 

ABOUT ME
いしけん
▼富士ゼロックス→プログラミングスクール(DIC)卒業⇨ランサーズ邸入居⇨4月までにオーストラリアワーホリ予定 ▼ランサーズ邸の住人と共に、稼げるフリーランス目指し中! ▼主にフリーランス,各種イベント体験談,プログラミングについて有益情報を発信します!