6日間のインドツアーに参加!カオスな街と観光地をご紹介!

アジアの中でも特にカオスな国と言われているインドツアーに、8/24~8/29の日程で知人と行ってきました。

 

想像どおり、いや、想像以上に異次元な雰囲気がそこにはありました!

 

これからインドに行く人、インドの街や世界遺産がどんな感じか知りたい人の参考になれば嬉しいです!

この記事について

観光地については他のサイトに正確で詳細な情報があるので、ほとんど省略してます。
街の雰囲気や出来事メインで書いてますのでご了承下さい。

ツアースケジュールと金額

簡単に今回のツアーのタイムスケジュールをざっくりまとめました!

1日目 夜中にデリーの空港到着。近くのホテルで寝るだけ。
2日目 デリーからジャイプールへ車移動(車で約5時間半)→ジャイプール市内観光→ジャイプールのホテル
3日目 アンベール城で象乗り&観光→途中観光地寄りながらアグラへ車移動→アグラのホテル
4日目 夜明け前に出発しタージマハルのサンライズ鑑賞(敷地外)→一旦ホテルに戻り、朝食取った後タージマハル観光(敷地内)→アグラ市内観光→アグラのホテル
5日目 アグラからデリーへ車移動→デリー市内観光→夜空港へ向かう
6日目 夜中に飛行機出発。飛行機乗って帰国するだけ。

かなり省略しましたが大体こんな感じで、それぞれ食事や運転手やガイドも全部ついてます!

 

そして気になるツアーのお値段ですが…

 

 

 

なんと!

 

1人あたり¥95,700!!!!

 

 

 

 

 

 

観光ガイドやホテルだけでなく、飛行機や朝食・昼食・夕食付きでこの値段はかなり安いと思います!

 

1日目:インド入国(アライバルビザ取得)

さて、いよいよ旅が始まりました!

成田から上海の空港に入り、乗り換えてレッツゴーインド!!

飛行機は中国の航空会社(チャイナエアライン)だったため、機内で日本語の映画が見れませんでした。

仕方ないので英語分かんないけど英語でトイストーリーを見ることにしたのですが、どうやっても中国語字幕が消えず、『英語音声を中国語字幕で見る』という訳分からないダブルパンチを受けながら機内時間を過ごしました。

 

こちらの写真は上海からインドへ向かう飛行機の機内食のカレー。左の豆もカレー味になってて、見た目によらず結構美味いしかったです!

チャイナエアラインの機内食

 

そうこうしてるうちにやっとインド到着!

インドは入国するのにビザが必ず必要なんですが、僕たちはビザを持たずに飛行機乗りました。

 

でも大丈夫なんです!!

2017年の4月から日本人のみ、インドの空港内でビザを取得出来るようになりました!

これってスゴくないですか??日本人だけらしいですよ!

詳しくはこちらをご参考に!

 

とは言えアライバルビザ申請書も記入項目が多く、さらにインドスタッフも日本語全く分からないため時間かかります。
僕の場合は2人で1時間以上かかりました。

申請書はこんな用紙です↓

 

入国審査の職員は愛想かなり悪いのでご了承を!

 

2日目:ジャイプール

起床後、デリーからジャープールへ車移動。

ツアーなので、他の客と大型バスに乗って一緒に移動するのかと思ってたらまさかの俺らだけ!笑

乗用車にガイド・運転手・友人・僕の4人が乗り、ガイド貸切でした!

 

 

まずご紹介するのは最初の観光地、シティ・パレスです!

シティ・パレス18世紀に作られた宮殿で、今でも王族が暮らしています!

伝統衣装っぽい服を着た門番のような人が、ところどころに居て『写真を撮ろう』と言われますが、撮ったらお金要求されるので注意して下さい!

 

 

次の写真はハワー・マハル(通称:風の宮殿)と言われているものです!

風の宮殿

古い建物ですがかなり大きく、近くでみると模様や彫刻が細かく施されていて圧巻でした!
大きさは日本のお城なんて比にならないぐらいデカイです!

 

インドの世界遺産になってる建物はほとんどが、昔の王様が奥さんのために建てたり、住むために建てたりしたものですが、昔の王様の権力の強さとそれに応える職人のレベルの高さが伺えました!

 

続いて昼食です!

ガイドに聞いたらイメージどおり、インド人は毎日カレーを食べているとのこと。

朝はカレーをあまり食べなくて、昼と夜はほぼ毎食カレーらしいです!

毎日食って飽きないのか聞いたところ
「毎回カレーの種類を変えて食べているから全然飽きない!」

だそうです!
カレーバイキングだったんですが、カレーがこんなに種類豊富だと思いませんでした。
・豆カレー
・バターチキンカレー
・野菜カレー
・卵カレー
・チーズカレー etc…

辛いのが全くダメな自分でも、ここのカレーはほとんど辛さを感じなくて美味しく食べられました!
(他の日のカレーは辛くて食べれない物もありましたが、僕はよっっっっぽど辛いのダメ、というかなんなら赤ちゃんクラスの弱さなので、普通の人は美味しく食べれるかと思います!)

 

 

インドの建物もカレーもスゴいですが、一番驚くのは街全体が動物園化していることかもしれません!

そしてそこら中にゴミが捨ててあり、匂いもきついです!


写真は道路のど真ん中に堂々と君臨する牛です。
インド行けばどこにでも牛と犬がいます。

インド人の80%が信仰しているヒンドゥー教では、牛は神様として扱われておりどんなに邪魔でも移動させたり傷つけたりする人はいません。

以前は隠れて殺して食べてる人もいたそうですが、ヒンドゥー教徒の大統領に変わってから規制が厳しくなり、その結果牛の数もどんどん増加傾向にあるそうです!

 

常にぼ〜っとしており、いくら近づいてもこちらに何にもして来ないため動物ダメな方も安心して下さい!

 

そしてリスとか猿、ヤギなんかもいたるところに出現します!
インドでは動物園に行く必要がありませんね!

猿の親子に近づいたら親に威嚇されました。
子供は可愛いです。笑

 

続いてこちら!


ホテル内のレストランで夕食中、頼んでもいないのにインドの伝統的(?)な踊りを魅せられて、大してスゴくもなかったけどチップを払わざるを得ない状況に…笑

インド人はどんなことでもお金をせびってきます!

 

3日目:アンベール城〜アグラ

アンベール城は高地にあるため、象に乗って登りました!

スピードは遅いんですが、なんと言っても揺れる揺れる!!

時間は15分ほどだけですが、酔って気持ち悪くなる人絶対居ると思います!

インドの象

アンベール城、大理石で作られてて立派でした!

アンベール城

 

こちらは街の様子です。
女性が来てるのはサリーというインドの民族衣装です!

インドの街の様子

実はこの日、朝から謎の腹痛に襲われて1日中しんどかったのですが奇跡的に寝る前には復活しました!笑
日本でお腹壊すと数日は治らないのに…

 

【自称:海外に適してる身体】
と認定しました。

4日目:タージマハル

真っ白の大理石、、、めっっっちゃキレイでした!

近くで見ると模様が施されていて、それもまた感動的です!

 

よく聞くタージマハルですが、何の目的で建てられてか知っていますか?

 

 

実はタージマハルやインドの世界遺産の多くは王様が指示して作ったお墓なんです!

真ん中の建物の中にお墓があるのですが、それ自体はかなり小さくて拍子抜けしました。

奥さんを喜ばせようと、たかがお墓なのにこんな建物を作ろうと考える王もぶっ飛んでますが、これだけキレイに作ってしまう当時の労働者も見上げたものです。
ちなみにタージマハルの制作期間は22年もかかっているそうです。

タージマハル

 

ガイドのカンさんです。
来年結婚するのだそう、おめでとう!(俺の服装へのツッコミはなしで笑)

旅には関係ないですが、インドはほとんどがお見合い結婚で、デート1回で決まったりするらしいです!
俺には絶対できん!笑

 

 

そして超どうでも良いですが、クロックス最強説を謳っている自分は、インドにも履物はクロックスしか持っていきませんでした。

結果的に靴が欲しくなるシーンはなかったので大成功でした。

 

 

 

日も暮れてこの日の夕方、ホテル周辺を歩いて散策してたら裸足の女の子(推定4,5歳)がずっとついてきて話しかけてきました。

最初は無視してたのですが、服も破けてて汚い水たまりも砂利の上も裸足で歩いて来るのを見て、いたたまれなくなり100ルピー(日本円で170円ぐらい)あげてしまいました。

子供に関しては
・純粋に明るく声掛けてくる子供
・お金や物を貰おうと思って話しかけてくる子供
・物を売りにくる子供

この3パターンいます。

 

5日目:デリー市内

朝〜昼にかけてアグラからデリーへ戻りました。

高速道路でバスの上に乗って移動する人々発見!
座れるようにちゃんとマットが置かれているあたりもインドクオリティーといったところ。

 

その後はデリー市内を観光した訳ですが、首都というだけあって人の密集具合も道路の渋滞も半端なかったです!

リキシャー(日本でいうとタクシーのようなもの)の運転手がひっきりなしに声掛けてきますし、ちょ〜〜〜〜しつこいです!

一回断ったところで何の効果もありません!
無視し続けるか、一度反応してしまったら根気強く断り続けるしか方法はありません!

 

 

最後に、歳の割に運転がめっちゃ荒かった運転手。笑

デリーのマーケットは動画を撮ったので、詳しくはYouTubeをご覧下さい!
YouTubeはこちら

 

こんな感じで楽しいインド旅行が終わり、空港へ送ってもらいガイドとドライバーと熱い握手を交わしお別れしました!

 

インドの空港へ行く際の注意事項

結論から言うと、多少ルピーを残しておいた方が良いです!

 

出発まで時間あったので、コーヒーでも飲もうかと思ったらルピーがほとんどありませんでした。
そこで日本円を少しだけルピーに両替してもらおうとしたら、『最低1万円から』と言われそこまで必要ないので断念。

喉カラカラだったのにm何も食わず飲まずで4時間ほど過ごすはめになりました。

飛行機が急に変更になった話

帰りも行きと同じく上海で乗り継ぎして帰国の予定でしたが、インドの空港でチェックインしようとしたらスタッフがざわつき始め、結局よく分からないまま直行便のANAに乗れることになりました。笑

 

帰国後、成田のスタッフや当初乗る予定だったチャイナエアラインに問い合わせるも誰も理由が分からないとのこと…

得したのでOKなのですが、ちょい怖いしモヤモヤが残ってしまいました。

まとめ

・インドの世界遺産のスケールと技術レベルの高さはスゲー

・国全体がサファリパーク

・どこ行ってもゴミ臭

・カレーは結構イケるけど、さすがに毎日はしんどい

・何するにもチップを要求される(そしてしつこさは尋常じゃない)

衛生面考えると男性の方がオススメ出来ますが、治安は悪くないので女性のみでも行けると思います!
(女性のみの日本人グループも結構見かけました)

どんどん旅して行きましょ〜!!!

ABOUT ME
いしけん
▼富士ゼロックス→プログラミングスクール(DIC)卒業⇨ランサーズ邸入居⇨4月までにオーストラリアワーホリ予定 ▼ランサーズ邸の住人と共に、稼げるフリーランス目指し中! ▼主にフリーランス,各種イベント体験談,プログラミングについて有益情報を発信します!